カナダ政府
カナダ政府の象徴

Government of Canada

japan.gc.ca

Breadcrumb

  1. トップページ
  2. >
  3. カナダ発見
  4. >
  5. カナダについて


国旗はカナダのアイデンティティーのシンボル

新しいカナダの国旗を求める動きは、1925年に枢密院の委員会が、国旗用のデザインの研究を開始した時に本格的に始まりました。しかし、この委員会の取り組みは完成には至りませんでした。

1946年になると、再び、議会の特別委員会が結成され、全国から公募により2600以上のデザインが集まりましたが、この時も、決議はされませんでした。

1964年の初頭、1967年の連邦誕生100年祭の祝典が近づいていたため、レスター・B・ピアソン首相は、政府は特色ある国旗の採用を希望していると下院に通知し、 1964年10月には、3つのデザインが残りました。フランス王室の紋章であるゆり紋章とイギリス国旗のユニオンジャックをつけた赤い旗と、3枚の赤いかえでの葉を具象化したデザインと、白地の正方形の上に1枚の赤いかえでの葉をデザインしたものでした。

様々な議論の後、現在の国旗のデザインが出来上がりました。国旗の重要なモチーフであるかえでの葉のデザインは、ジャック・St・シアー氏によるもので、旗全体のバランスは、委員会に提言する際に、第二次世界大戦の退役軍人であるジョージ・ビスト氏が全体像を描き、グンター・ワイゼッチ博士が旗の正確な彩色を決定したものでした。ついに、委員会は1枚葉のデザインを上申する決定をし、そのデザインが1964年12月15日にまず下院で、続いて1964年12月17日に上院で決議され承認を受け、カナダの女王でもあるエリザベス二世が、1965年2月15日から発効する、という宣言を出しました。

デザインの基になる構想には、カナダの歴史が強く反映しています。赤・白・赤の組み合わせが最初に出てきたのは、ビクトリア女王が発行したジェネラルサービス・メダルでした。続いて1921年には、ジョージ5世が、赤と白はカナダの国の色である、と宣言しました。実はその3年ほど前に、ユージン・フィセット少将(のちの議員(が、カナダの国章は、白地に1枚の赤いかえでの葉にすべきである、と勧奨していました。そのデザインは、1904年以来、カナダのオリンピック代表選手全員が着用してきたものでした。

さらに詳しい情報はカナダ民族遺産省ウェブサイトでご覧頂けます。 (英語フランス語

Footer

更新日:
2013-08-30