カナダ政府
カナダ政府の象徴

Government of Canada

japan.gc.ca

Breadcrumb

  1. トップページ
  2. >
  3. カナダ発見
  4. >
  5. カナダについて

政治機構と司法制度

(この項目のリンクは、英語・フランス語のみ)

カナダは立憲君主制、連邦制、議会制民主主義の国です。10の州と3つの準州から成り、英語とフランス語の2つの公用語があります。

英国女王エリザベス二世がカナダの女王であり、君主です。女王は代理を務めるカナダ総督にその権限を委任しています。首相内閣が最高の権限を行使します。

立法権は、上院と下院の二つから成る議会にあります。上院は任命された上院議員で構成され、下院は普通選挙により選出された下院議員(各選挙区1名)で構成されています。

主要な立法機関である下院は、通常4年毎に選挙が行われ、任期は最長5年です。有権者は各選挙区の議員を選びます。下院で最も多くの議席を獲得した党が政権を掌握します。

カナダ憲法は連邦制を確立し、連邦政府の機能と権限を規定しています。

連邦政府は、外交政策、国際貿易、国防、漁業、運輸と通信、税制、金融制度、銀行、刑法、移民、人権など、国家全体の問題を管轄します。

州政府は、裁判所、公民権、天然資源、州の税制、教育、文化、地方自治体などの分野を管轄します。

連邦政府と州/準州は環境問題に対して責任を共有します。各州/準州政府にはそれぞれ、普通選挙により選出される州議会があります。

憲法には、カナダ住民の基本的権利を定めた「権利と自由の憲章」が含まれています。「憲章」は表現と宗教の自由、民主的権利、移動と言語の権利を守り、性別、人種、民族、精神的または身体的障害などによる差別から市民を守ります。

カナダには2つの法制度があります。イギリス式のコモンローおよびケベック州の民法です。連邦法、10州のうち9州の州法、準州法はコモンローに基づいています。

カナダ政府の構造に関するさらに詳しい情報はこちらです。

「政府」の項も参照して下さい。

Footer

更新日:
2009-11-04