カナダ政府
カナダ政府の象徴

Government of Canada

japan.gc.ca

Breadcrumb

  1. トップページ


北極評議会議長国 カナダ
2013~2015年

カナダの北方へようこそ

これからの2年間、カナダは北方で北極評議会を開催し、各国から参加する人々を歓迎します。私たちは、絶えず変化する活気に満ちたカナダ北部に光を当て、この地域の人々、文化、歴史や最近の出来事を広く紹介していきます。

レオナ・アグルカック

カナダの北極評議会担当相は、ヌナブト準州出身のイヌイットであるレオナ・アグルカック大臣です。アグルカック大臣の起用は、北極地方を重視し、この地域の未来を北方の人々の手に委ねるというカナダ政府の強い姿勢を示しています。

議長国カナダ

北極評議会は1996年に創設され、カナダが初代議長国となりました。カナダによる二度目の議長国就任(2013~15年)により、全加盟国による議長国の輪番が二巡目に入りました。

北方の人々のための開発

北極評議会の加盟8カ国に住む400万以上の人々が、北極地域を故郷と呼んでいます。カナダは議長国として、北方の人々のことを第一に考えます。カナダは「北方の人々のための開発」をテーマに、北極資源の責任ある開発、北極圏での安全な航行、持続可能な北極圏コミュニティーに重点を置いて、議長国の務めを果たしていきます。

北極評議会の強化

北極評議会は、創設当初から北極地域が直面する独自の課題への対応と機会の活用という、重大な任務に取り組んでいます。これらの課題が展開していくことに伴い、北極評議会も進化していかなければなりません。

カナダは、他の加盟国と協力して北極評議会の強化に取り組んでいます。その目的は、常時参加団体の役割の拡大、評議会の調整力の向上、効率の最大化です。


北極評議会の主要プログラム (2013~15年)

北極資源の責任ある開発

北極評議会は、責任ある方法で北極の開発がおこなわれるための体制づくりに努めています。北極地方でのビジネスは、この地域に持続可能で経済的に活力ある未来を築く上で重要な役割を果たします。北極圏のビジネスフォーラムである北極経済評議会の創設は、この地域の経済発展を促し、企業に北極評議会と関わる機会を提供するものです。

この地域での活動の増加に伴い、北極地方の国々は海洋環境と北方の人々の暮らしを保護するための協力を拡大しています。2013年5月、北極圏諸国は「北極海における油流出汚染対策・対処条約」に調印しました。また、北極評議会は油流出汚染の予防対策にも着手し、この取組みはカナダの議長国在任期間を通じて続けられます。油流出汚染を予防する効果的な施策は、北極の海洋環境を確実に保護する上でとても重要です。

北極圏での安全な航行

北極地方では、観光業の機会が拡大しています。北極評議会は、持続可能な観光とクルーズ船航行のためのガイドラインを策定することにより、観光業からより大きな恩恵がこの地域にもたらされるよう体制を整えると同時に、活動の増加に伴うリスクを低減します。また評議会加盟国は、北極海に関する強制力のある規約の制定に向けた国際海事機関の取組みを前進させるため、引き続き緊密に協力していきます。

持続的な北極圏コミュニティーの創生

カナダは北極地方について、自立した人々が健全な活気あるコミュニティーで生活し、自分の問題を自分で管理し、自身の未来を自身で形成していく社会、という明確なビジョンを持っています。北極評議会は、北方のコミュニティーの伝統的な生活様式の重要性を認識して敬意を払い、これに対する地域の、そして世界規模の理解を深めるよう努力しています。

また、北極評議会の活動は、発足当初から共同の科学的調査に基づいて実施されています。今後も北極地方の知識を共有し、良い統治を推進するため、科学分野での協力を強化していきます。

北極評議会は、地域に伝わる伝統的な知識の大切さを以前から理解しています。この知識があったからこそ、北極地方に住む人々は何千年にもわたって厳しい環境の中で生き抜いてこられたのです。評議会は、伝統あるこの地域ならではの知識を活動に取り入れていくための提言をまとめています。

北極地方は、気候や物理環境の面で急速な変化にさらされ、北方のコミュニティーと生態系に様々な影響が生じています。黒色炭素やメタンなどの短寿命の気候汚染物質が、北極圏に気候変動をもたらしています。気候変動を抑えるための総合的な戦略の一環として、短寿命の気候変動物質に対処することは、人々の健康や気候によい影響をもたらす可能性があります。北極圏全域で、コミュニティーがこれらの変化に対応しています。北極評議会は、コミュニティーの知識や成功事例の共有を推進していきます。

評議会は、北極地方に住む人々の心の健康を増進することにより、彼らがこの地域に影響を与えている多くの変化に適応し繁栄していくための、より高い能力を得られるようにします。また、北極評議会は、北極地方やその他の国々と協力して、渡り鳥の保護への支援も続けていきます。

北極圏に関する大使館のイベント


詳しくはこちらをご覧ください。

 

Footer

更新日:
2014-06-05