カナダ政府
カナダ政府の象徴

Government of Canada

japan.gc.ca

Breadcrumb

  1. トップページ
  2. >
  3. カナダ発見
  4. >
  5. 経済/ビジネス

カナダのボトル飲料水業界

現在世界全体でのいわゆるボトル入り飲料水の市場規模は推定で約年間330億ドル超といわれています。カナダは広大な国土、豊かな自然に恵まれているばかりではなく、新鮮で豊富な水資源にも恵まれた国でもあります。カナダは湖、地下水系および氷河を有しており、また高度な技術による水質浄化技術により、カナダは世界でも最大クラスの飲料水供給国となりました。カナダの業界はアジアから欧州、アメリカにいたるまで世界各地の多様なニーズに応えうる供給能力を持っています。カナダのボトル飲料水業界は世界的な競争力を有しており、その輸出はカナダの食品・飲料全体の輸出額の1%を占めるに至っています。カナダには約75社のボトル飲料水メーカーが存在し、数々の国際的な飲料水のコンペティションでも栄誉を受けています。

1980年代初頭に始まったボトル入り飲料水のブームは、1990年代、2000年代に入っても拡大を続けています。カナダでは、1995年の年間消費量は5億2700万リットルでしたが、健康ブームや水道水への懸念を背景に、1999年には7億300万リットルまでに市場は拡大しました。

カナダのボトル入り飲料水は連邦政府の規定上、食品としてのカテゴリーに入ります。またカナダ食品検査庁(CFIA:Canadian Food Inspection Agency)による検査・監督が定期的に行われ、製品の安全性、高品質の保障を行っています。現在カナダでは下記の種類のボトル入り飲料水が生産されています。

  • 湧水
    現在のカナダ国内の規定によれば、湧水とは公的機関が供給していない地下水源から取水した飲料用の水を指します。取水されボトル詰めされた飲料水は天然水とされ、地下水と同一の特性、成分および品質を有さなくてはいけません。通常、湧水は溶解固形分(ミネラル)が500ppm以下のものとされています。

  • 鉱水
    湧水と同様に定義できますが、溶解固形成分(ミネラル)が500ppm以上のものとされています。

  • 氷河水
    氷河から直接取水し、ボトル詰めされた飲料水を指します。

  • 精製水
    蒸留、イオン処理または逆浸透させて製造し、ボトル詰めした飲料水で、湧水または公的機関から供給された水道水を水源とします。

  • ボトル入り炭酸ガス飲料水
    天然または、天下打つとしての炭酸ガスを含むボトル入り飲料水で、ソーダ水、トニックウォーターなどはソフトドリンクとして扱われ、飲料水とはみなされません。

カナダでのボトル入り飲料水業界は、扱う容器によって3つに大きく分けられます。

  1. 最大18リットルの回収可能容器で飲料水と提供する業界で、事務所、一般家庭、スーパーマーケットなどに専用の設備を設置し、回収可能な容器で飲料水を定期的にデリバリーする形態です。これらの製品は、水道水その他の飲料水の代替品として販売されています。この形態での業界は、カナダのボトル入り飲料水業界全体の48%を占めています。

  2. 250mlから5リットルまでの容器で販売される飲料水は、主に容器にPETやアルミ缶が使われています。スーパーマーケット、コンビニエンスストア、ドラッグストアで販売される一般的な形態で、カナダのボトル入り飲料水業界の24%を占めています。

  3. 業界の残り28%は部分的透過型のビニールボトルを使う形態ですが、製品の外観上の理由で段階的に廃止に向かっています。

1988年から2002年の間にカナダはボトル入り飲料水の輸入国から輸出国へと変貌をとげました。ボトル入り飲料水の輸出額は1988年にはわずか460万ドルだったのが2002年には2億8400万ドルという過去最高の額までに達しました。輸出主要国ではアメリカ向けが全体の98%を占めますが、日本、台湾、香港、イギリスなども向けも相当額の輸出を示しております。

カナダのボトル入り飲料水の輸出の成功にはいくつかの理由が挙げられますが、具体的には下記の要因が考えられます。

  • 清浄な水資源を有する自然環境といったカナダのイメージが海外の消費者に好印象を与えた。

  • カナダの厳格な基準が海外の消費者への印象をよりよいものにしている。

  • カナダの大手企業が宣伝とマーケティングに力を入れている。

  • ボトル入り飲料水に対する基準の国際的調和が図られた。


カナダのボトル入り飲料水の主要輸出先

カナダのボトル入り飲料水業界は、カナダボトリング飲料水協会(CBWA:Canadian Bottled Water Association)に管轄され、同協会は会員の企業に対し、抜き取り検査を実施し、品質の保証をしています。CBWAは飲料水の清浄性に関して高度な基準を設定しており、カナダ製の飲料水が汚染とは無縁であることを保証しています。

Footer

更新日:
2009-10-30