カナダ政府
カナダ政府の象徴

Government of Canada

japan.gc.ca

Breadcrumb

  1. トップページ
  2. >
  3. カナダ発見
  4. >
  5. 経済/ビジネス


石油/ガス

 石油/ガス

1857年、カナダのオンタリオ州オイルスプリングスにおいて世界最初の油井ボーリングが行われ、世界の石油ガス産業におけるカナダ優位 の歴史が始まりました。アルバータ州での石油とタールサンドの開発の歴史は長く、最近ではカナダ大西洋岸における沖合での石油ガス田の開発により、カナダは石油ガス探査と開発のリーダーに仲間人りしました。カナダは進んだ採取テクニックとオイルサンド抽出の新技術の開発では最前線にあり、現在はまた石油ガス生産と流通 面における技術、融資および経営の専門知識を、アルゼンチン、マレーシア、オーストラリアなど世界のさまざまな国で役立てています。

カナダは進んだ採取テクニックとオイルサンド抽出の新技術の開発では最前線にあります。

カナダは探鉱、ボーリング、付帯サービス、生産、加工に使われる多彩 な機材も世界に提供しています。カナダから輸出される機材には、地球物理探鉱装置、ボーリング機と付属機具、ポンプ機具、セメンティングおよびウェルフラクチャリングュニット、乾燥機、分離機、処理機などの現場処理用コンポーネント、穿孔機やオフショアボーリング用プラットフォームなどがあります。

 石油/ガス

カナダの企業はまた第一級のサービス能方を持ち、特にボーリング前の探鉱や準備、ボーリング作業(泥、セメント、伐採、試験、コア採取とフィッシング)、油井開削サービス(貫通 と誘導)を得意としています。

国際的に活動するカナダの企業は1500社を超え、トップレべルの管理職や専門家、そして熟練した労働者まで、高い技能を持ったカナダ人が石油ガス探査と生産のあらゆる分野で活躍しています。エンジニアやコンサルタントは埋蔵する石油ガスの商業性や、既存プロジェクトの生産改善の方法などを評価することができます。カナダの企業は長い距離にわたる高度なパイプライン網の建設、運営、さらに天然ガスや石油化学製品の収集、加工、販売の支援もできます。

ジョイントべンチャーはカナダが得意とするもので、企業は数多くの生産要素を集めることによって大型プロジェクトに取り組むことが可能になります。カナダの企業はアメリカ、ヨーロッパ、インド、東南アジア、中南米といった世界の各地に海外子会社やジョイントべンチャーを設立しています。

カナダの企業はボーリング機材や現場処理ユニットなどの装置を各地の必要に合わせて国内や海外で製造しています。また、世界的な代理店、流通 業者、サービス会社のネットワークを通じて、海外の顧客にいっでも部品やサービスを届けられる体制を整えています。

 石油/ガス

カナダの企業はカナダに豊富にある3つの資源、サワーガス、重油、オイルサンド鉱床の抽出に使用する特殊機材の開発でも世界をリードしています。タールサンドから石油を抽出して集めたり、サワーガスを処理する特殊な装置は現在インド、中国、ロシア、カザフスタン、アゼルバイジャンの各国へ輸出されています。

カナダの専門知識はまた従来の石油の一次および二次回収にもおよび、高度なフラクチャリング技術と、困難な地形や枯渇した井などから石油ガスを回収するための傾斜掘りおよび水平掘りなどで高い評価を獲得しました。トップモータードライブ、ソフトウェア製品、コンピュータ制御自動コア採取装置、自動パイプ取扱いシステムなどもすべてカナダ の企業によって大きく前進した分野です。

詳しい内容はこちら(石油/ガス産業)をクリックしてください。

 

 

Footer

更新日:
2012-06-12