カナダ政府
カナダ政府の象徴

Government of Canada

japan.gc.ca

Breadcrumb

  1. トップページ
  2. >
  3. カナダ発見
  4. >
  5. 経済/ビジネス

カナダ ライフサイエンスセミナーのご案内

 医療産業

在大阪カナダ通商事務所は、平成28年1月20日(水)、カナダ・ライフサイエンスセミナー「カナダにおけるがん免疫調整療法の新薬開発」と題し、下記のとおりセミナーを開催いたします。

5回目となる今回は、世界の5大がん研究センターに数えられるプリンセスマーガレット病院がん研究センターのご紹介や第4の治療法として期待されているがん免疫療法研究開発についてのご紹介をいたします。また、カナダにおいて癌免疫療法開発に携わるカナダ企業からの講演も行います。本セミナーにおいて、御社の活動の一助となる情報を提供させていただくことができれば幸いに存じます。

ご多用中とは存じますが、皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。

日時 :  平成28年1月20日(水) 14:00-16:50      受付開始13:30
会場:   千里ライフサイエンスセンターサイエンスホール
住所:   豊中市新千里東町1-4-2
主催 :  カナダ政府大阪通商事務所
協力:   大阪医薬品協会
お問い合わせ:   カナダ政府大阪通商事務所 (担当:大場)Tel: 06-6252-0120   
E-mail:    OSAKAG@international.gc.ca
参加料:    無料

お申し込み:

以下の内容をご明記の上、osakaG@international.gc.caの申し込み先にお送りください。追って受講のお知らせをお送り申し上げます。なお、会場の都合上やむを得ずご参加いただけないこともございますのでご了承ください。

  • 御氏名
  • 御役職
  • 貴社名
  • 貴社URL
  • お電話番号
  • Eメールアドレス

プログラム

14:00-14:05            開会の辞

14:05-14:45  特別講演“プリンセスマーガレットガンセンターにおけるガン免疫療法研究開発(仮)”                                                  

 プリンセスマーガレット病院(PMH)(トロント大学医学部連携がん専門病院) 

     癌臨床研究ユニットプログラムディレクター

Ozmosis Research (CRO) チーフオペレーティングオフィサー

パメラ・デゲンドーファー氏 

デゲンドーファー氏はOzmosis Research Incのチーフオペレーティングオフィサーを務めている。トロント大学で修士号を取得したのち、同氏はプリンセス・マーガレット病院(PMH)のバイオ統計部門に就職、2001年にRobert & Maggie Bras and Fmaily New Drug Development Programの医薬開発プログラムに抜擢され、同プログラムをカナダ最大の抗がん剤開発プロジェクトへと育成した。そののち2008年、Ozmosis社のチーフ・オペレーティングオフィサーに就任、事業開発と臨床開発を含む同社の活動の全般の管理運営に携わる。同氏は、PHMの癌臨床研究ユニットのプログラムディレクターも務める傍ら、オンタリオ癌研究所など多くの研究所での研究開発を支えている。

14:45-15:25  “ガン免疫療法のためのSuperkines とEmpowered Cytokines”   

メディセナ セラピューティク/Medicenna Therapeutics

代表取締役社長兼CEO

ファハー・マーチャント 博士

 メディセナ社は、Superkinesと呼ばれるIL-2、IL-4、およびIL-13サイトカインの新バージョンを開発している臨床開発を行う会社である。これらのSuperkinesは膨大な免疫調節性行動に影響を及ぼし、高親和性、狭められた細胞特定性、信号伝達を高めるもしくはブロックする能力そして引き下げられたオフターゲット効果によって安全性を高める能力を持っている。                                                                                     Superkineは、抗体薬物複合体(ADC)に結びつく現在の制限に対処するEmpowered Cytokines(EC)形成に細胞致死ペイロードを融合できる。ADCとは違い、ECは安定しており細胞質でのみアクティブでペイロードを効果的に内面化し、ピコモル範囲で類似性と有効性によって単分散する。ECは、共役化学や特殊な製造設備なしで発酵により製造するために大変安価である。                                                                                     IL-4受容体(IL4R)をターゲットにすることにより、メディセナ社のリードECであるMDNA55は脳腫瘍の中でも最も悪性である再発膠芽腫(rGB)に説得力のある結果を見せた。MDNA55はファスト・トラック、オーファンドラッグ指定を受け、2016年に前検証研究に入る。                                                                                                      IL4Rは未開発のターゲットであり、毎年100万人を超えるがん患者さんを苦しめている20の癌で高発現している。さらに、IL4/IL4R軸は、悪性腫瘍マーカーで、患者さんの予後不良と免疫抑制腫瘍微小環境(TME)を支配する。メディセナのIL4_ECsは効果的にプロアポトーシスペイロードを伝達することによりIL4/IL4R軸を破壊し、腫瘍容積を減らすだけでなく、免疫抑制TMEも崩壊させる。                                                                                                                         MDNA109は、メディセナ社のリードSuper-Agonistで、癌免疫療法の前臨床段階。リコンビナントIL-2(アルデスロイキン)とは違い、MDNA109が独立したCD25のシグナルで、調節性T細胞と内皮毒性の刺激を制限する一方、優先的にエフェクターT細胞(Teffs)を作動させる(肺水腫と血液漏出症候群)。それは、アルデスロイキンに比べて高い有効性と進んだ薬剤投与、許容性を持つように設計されている。MDNA109はまた、癌免疫療法後に頻繁に起こるMHCクラスI損失に続く、ナチュラルキラー細胞アネルギーと戦うことも示されている。                                                               単独療法として、また免疫療法との組み合わせとしてのMDNA55とMDNA109のパイプラインは癌治療薬開発の最も有望地域のひとつで多くの可能性を秘めている。Lead Candidate MDNA-55は、膠芽腫においてフェーズ2bとフェーズII、非小細胞性肺癌、固形腫瘍および腎細胞癌においてフェーズIを行っている。

15:25-16:05 “先天的免疫システムを利用した部位特異的免疫調節剤”

        キューバイオロジクス/Qu Biologics

CEO    ハル・ガン博士

Qu バイオロジクス社は、カナダ バンクーバーを本拠地とするバイオテク企業で、部位特定免疫調整剤(SSI)を開発している。同社は免疫を単に抑制するだけでなく、免疫不全や慢性炎症を反転し、標的の組織や器官での先天性免疫を“再起動”するようにデザインされた病原体バクテリア由来の新規免疫療法を開発している。                                                                                          現在3件の臨床試験を行っている。1件は、中程度から重篤なクローン病対象で、68名の参加者による無作為化プラセボ対照フェーズ1/2試験(トップラインデータは2016年の第一四半期予定)である。2件目は、潰瘍性大腸炎対象で、40名が参加するオープンラベル用量範囲探索試験(早期データは2016年第二四半期予定)である。3件目は非小細胞肺がん(NSCLC)のパイロットスタディである。SSIは安全であり、これまで300名以上の患者さんにコンパッショネートユースで使用される中、特に安全性の問題は出ていない。2017年前半には潰瘍性大腸炎対象のパラレルフェーズ3を開始することを見越し、Quバイオロジクス社は現在cGMPでQBECO(消化器ターゲットのSSI)を製造している。                                 Quバイオロジクス社は、Dr. Hal Gunnにより2007年に起業された。Dr. Gunn は、慢性疾患に対する人体の免疫反応について高い知見を持つ医師であり、起業家として同社CEOを務める。同社の経営陣には著名な科学者を迎えている。癌治療開発で国際的にも知名度の高い、BC Cancer Agency の元CEOであるDr. Simon Sutcliffeがチーフ・メディカル・オフィサーを務めており、癌への免疫細胞の移送に関する世界的な権威で、Geisel School of Medicine at DartmouthのNorris Cotton Cancer Center において助教授を務めるDr. David Mullinsがチーフ・サイエンティフィック・オフィサーを務めている。

16:05-16:50  カナダ企業講演(予定)および名刺交換会

16:50        閉会

(敬称略)         *プログラム及び講演者は、予告無く変更されることがございます。予めご了承下さい。

Footer

更新日:
2015-12-14