カナダ政府
カナダ政府の象徴

Government of Canada

japan.gc.ca

Breadcrumb

  1. トップページ
  2. >
  3. カナダ発見
  4. >
  5. 経済/ビジネス

通信技術

カナダにおける電話普及率は世界一で、全世帯の99%が電話を持ち、90%以上はすでにデジタル化されています。また、カナダ人の92%がケーブル放送網を通じて多彩なチャンネルを楽しんでいます。

カナダのインターネット接続コストは世界で最も低く、人口比のインターネット利用率ではアメリカと肩を並べ、人口比のインターネットホスト数ではアメリカに次いで世界第2位 、さらにインターネットバンキングの利用では世界をリードしています。

各種商業サービスだけでなく、明日の高速マルチメディアサービスを開発しテストするのに必要な帯域幅は、カナダの東西を結ぶ光ファイバーネットワークが提供しています。高容量データコネクティビティへのニーズが急増し、サービスキャリアの統合化傾向が強まっていることが、カナダの多くの企業に、音声やデータによるさまざまなサービスの提供を可能にする広帯域技術への投資と開発活動を促したのです。

カナダの通信企業はアメリカ、イギリス、ブラジル、中国、タイ、フィリピンなどの各国でも、カナダ人が当然と考えている効率の高い通信ネットワークの導入に貢献しています。

カナダの通信分野は数多くの「ナンバーワン」を生み出しています。

  • 世界最初の完全光インターネット (2000年稼動予定)
  • 世界最強の静止型移動通信衛星 (1996年)
  • 世界で最も総合的な光ファイバーネットワーク (1994年)
  • 世界最大の直結方式非同期転送モード(ATM)ネットワーク (1993年)
  • 世界最大の完全セルラーネットワーク (1990年)
  • 世界最初の国有静止型衛星 (1972年)
  • 世界最初のパケット交換ネットワーク (1972年)
  • 世界最初の国内デジタルマイクロ波ネットワーク (1971年)

カナダの市内電話と長距離電話のネットワークは、今後10年間でインタラクティブな双方向広帯域容量への改良整備が進められ、その時点でカナダの企業や家庭の85%が情報ハイウェイのマルチメディア路線と技術にアクセスできるようになります。カナダの目標は世界最高品質で最低コストのネットワークを構築することです。

1997年、カナダは、アメリカ、中国、イギリスを中心に、世界で総額107億カナダドルの通信機器を販売しました。カナダの企業は、交換機、広帯域、マルチメディア製品およびサービス、光ファイバーケーブル敷設、遠隔地通信、海底ケーブルシステム、衛星通信ネットワーク、コンピューター電話技術統合、移動およびセルラー電話などを含む通信分野を専門としています。実際、最前線にカナダの企業が見られないICT分野はほとんどないといってよいでしょう。

戦略提携と技術移転を積極的にすすめる姿勢は、良きパートナーに欠かせないものです。カナダ通信経営研究所の教育プログラムを通じて各国の代表がカナダを訪れた結果、多くの共同貿易や投資の機会が実現しました。世界の国々はいっそう開かれた経済体制へと向かい、海外からの健全な市場競争や国内でのジョイントべンチヤーを歓迎しています。

カナダも市場競争と国外からの投資を促進しています。通信分野の監督機関であるカナダラジオテレビ通信委員会(CRTC)は、ケーブル放送会社、回線リセラー、無線通信プロバイダなどを含めたすべての企業に市内電話と国際長距離電話への参人を認め、事実上、日由競争への道を開きました。その結果、通信企業もホームバンキングやホームショッピング、遠距離教育、遠隔医療などの新しい情報およびマルチメディアサービスを行えるようになりました。

Footer

更新日:
2009-11-02