カナダ政府
カナダ政府の象徴

Government of Canada

japan.gc.ca

Breadcrumb

  1. トップページ
  2. >
  3. カナダ発見
  4. >
  5. 経済/ビジネス


500社におよぶカナダ情報通信セキュリティ企業群

増大してやまないインターネット経由の情報通信量情報の安全確保が各国の大きな社会問題となってきています。情報通信経路と媒体が複雑になり、アクセス手段と権限者の統制といった問題に直面して、デジタルデータ管理者の情報通信セキュリティ技術に対する期待と需要は、大きな高まりを見せています。しかし、セキュリティを脅かす要素は多岐にわたり、解決策は一筋縄ではいきません。金融機関はもちろんのこと、政府、公共団体、民間企業、個人など、社会の様々な機関団体や構成員が多かれ少なかれ、日々新たなセキュリティ問題に直面しています。

コンピューター産業の黎明期からこの分野での基礎研究が世界でもトップレベルにあったカナダには、こうした課題と問題に対する最良の解決策を提供することのできる500社におよぶ情報通信技術企業群があり、すでに、米国を始めとする世界中の企業や政府が、機密データ保護、重要任務の確実な遂行と効率性確保、プライバシー保護、そして、飛躍的に増大するデジタルデータの交信安全性確保のため、多くのカナダのソリューションを採用しています。そのうちには、すでに日本においても紹介されビジネスを開始している企業もありますが、カナダには、日本ではまだ知られていないいが、北米では様々なセキュリティ分野で効率的で魅力的なソリューションを提供している情報通信セキュリティ企業が多数あります。


バイオメトリックス

人の生体的特徴によって本人認証を行うバイオメトリックス技術は、企業や公共の建物、空港などの重要な交通拠点での使用が増えております。この分野のカナダの企業としては、統合アクセス管理やサイト監視システムに特化する Cansec Systemsの活躍が顕著です。


暗号技術

Certicomの強力な暗号製品は、世界基準です。米国家安全保障局は、特別な環境下でのアプリケーションでのセキューリティ確保のため、Certicom社の暗号技術に信頼を寄せていますし、欧州の主要な郵便事業者ネオポストは、同社の安全で対費用効果の高いデジタル消印を提供しています。


ネットワークやインターネット上での迷惑や犯罪に対する防御

迷惑メール、サイバー詐欺、ウイルスは、ネットワーク性能を低下させ、消費者の信頼を損ない、オンライン事業を妨害しますが、カナダでは、URL&WEBコンテンツフィルターソフト開発のBAJAI、安全な通信制御プロトコルのNON-ELEPHANT Encryption Systems、複製防止組み込みソフトのRightsMarketなど、100を超えるセキューリティ・ソリューション企業があります。


監視・追跡技術

効率的な貿易フローの確保と盗難に対するリスク管理は、今日のグローバル経済において欠かすことができません。カナダは衛星や無線システムによって移動する車両を監視し問題を所有者に警告するこの分野でリーダー的立場にあります。例えば、M a r c hNetworksは、軍事用および民生用に様々な通信ネットワークを使用した拡張性の高い警備システムを商業化しています。


セキュリティ技術はカナダ!

カナダのセキュリティ産業は世界最高水準のテクノロジーを提供しており、常に先進的で革新的なセキュリティ製品の開発と改良を進めています。セキュリティ製品の導入にはカナダの技術をお勧めします。カナダのセキュリティ産業は言語、文化、技術上の様々な要件に柔軟に対応し、市場のニーズに応えるよう日々躍進し続けています。

カナダのセキュリティ産業に関する詳細は、カナダ産業省のサイトをご覧下さい。

カナダ・セキュリティ関連企業リスト
カナダ・セキュリティ産業全般

 

 

Footer

更新日:
2012-08-10