カナダ政府
カナダ政府の象徴

Government of Canada

japan.gc.ca

Breadcrumb

  1. トップページ

完璧な卵などない:ユニス・ルック

展覧会のご案内

2016年11月29日(火) ~ 2017年1月20日(金)

於 カナダ大使館高円宮記念ギャラリー

2016年11月1日

カナダ大使館は高円宮記念ギャラリーにて、ユニス・ルックの作品の展覧会を開催いたします。

ユニス・ルック (E)はトロント出身のアーティストで、現在、横浜で「黄金町アーティスト・イン・レジデンスプログラム」に参加しています。絵画、陶芸、インスタレーションなどを制作し、2016年7月にはオンタリオ・アーツカウンシルおよびトロント・アーツカウンシルから助成を得て、信楽での「陶芸の森アーティスト・イン・レジデンス」(滋賀県)に参加しました。

「完璧な卵などない」では、「陶芸の森」滞在中に制作されたものを含む、ルックの最新作を展示します。ルックは同レジデンス滞在中、日本の田園地域での暮らしと広く知られている信楽の陶芸の歴史や伝統に深い感銘を受け、手びねりの陶芸作品と陶板画を制作しました。作品は、物事が衰退するサイクルや、自然を通じて暮らしの中で見出したささやかな喜びや安らぎから発想を得たものです。これらの作品の多くは、瞑想的な静寂、楽観、内省といった感覚を表現しています。それぞれの作品における不完全な輪郭は、ルックの陶芸作品に共通するゆったりした手作りの感性を際立たせます。

ルックは1988年に生まれ、2012年にオンタリオ美術デザイン大学を卒業しました。様々なメディアや技法を使って実物を自身の言葉に転換し、作品の中心(ポジティブスペース)とその背景(ネガティブスペース)をシンプルかつ主観的に記録するのが彼女の持ち味です。最近ではVACANT(東京)、スイス・インスティテュート(ニューヨーク)、プリンテッド・マター(ニューヨーク)、ウォルター・フィリップス・ギャラリー(バンフ)、アート・メトロポール(トロント)、エックスペース(トロント)、ノーファル・プロジェクト(トロント)で作品を展示しました。また、「スロー・エディションズ」から作品集や書籍を刊行。ニューヨーク、ロサンゼルス、東京でのアートブック・フェアで定期的に展示を行っています。

【 記 】

日時:2016年11月29日(火) ~ 2017年1月20日(金)

平日:午前10時から午後5時半まで

土、日、12月26日(月)~1月3日(火)は休館

場所: カナダ大使館高円宮記念ギャラリー
(東京都港区赤坂7-3-38 地下鉄「青山1丁目」駅より徒歩5分)

入場: 無料

お問い合わせ先:カナダ大使館広報部
Tel:03-5412-6391
E-mail:TOKYO.CC@international.gc.ca

メディア関係のお問い合わせ先:
Tel:03-5412-6444
(メディアライン:清水、江島、明林)

協力:オンタリオ・アーツカウンシル(E)、トロント・アーツカウンシル(E)

ツイッター:@CanadaNihon

備考: カナダ大使館入館には写真付身分証明書のご提示が必須です。

以上

Footer

更新日:
2016-11-03