カナダ政府
カナダ政府の象徴

Government of Canada

japan.gc.ca

Breadcrumb

  1. トップページ
  2. >
  3. ニュース・イベント
  4. >
  5. イベント・カレンダー


「北極の翼 - 写真と映画で探るカナダの北極地域」

カナダ大使館はドキュメンタリー映画シリーズ「カナディアン・ストーリーズ」の一環として、カナダが北極評議会の議長国を現在務めていることを記念し、写真家、石川直樹氏のアーティストトークとカナダ北極圏が舞台の映画の上映会を開催致します。

石川氏は2000年、環境問題や人道問題への関心を高めるプレゼンテーションや活動をしながら北磁極から南極へ9ヶ月かけて到達する Pole to Pole 2000 プロジェクトで北極を訪れて以来、たびたび北極圏の異なる地域に足を運んでいます。カナダ大使館高円宮記念ギャラリーでは、彼の北極圏の写真7点が2014年6月2日(月)から7月30日(水)まで「石川直樹:POLARと題して「『踊るセイウチ』とイヌイットの彫刻たち~高円宮コレクションより」とともに展示されます。

「北極の翼 - 写真と映画で探るカナダの北極地域」では、石川直樹氏によるカナダ北極圏のお話、イヌイットで初めてのパイロットとして辺境の地を飛び伝説的な存在となったジョニー・メイにスポットを当てた長編ドキュメンタリー映画、 The Wings of Johnny May の上映が予定されています。カナダ北極圏を皆様に紹介するこの夕べに20名をご招待いたします。

参加ご希望の方は以下の要領でお申し込み下さい。


日時: 6月18日(水) 18:30 (開場18:00) ~ 20:50

場所: カナダ大使館 オスカー・ピーターソン シアター (地下2階)

参加費: 無料

申込:

E メールに下記の事項を明記し、6月10日(火)までに(必着)お申し込み下さい。応募多数の場合は抽選で、当選者の方にのみ6月13日までにご連絡致します。

  1. お名前 (ふりがな)
  2. 所属機関
  3. ご住所
  4. 電話番号
  5. E メールアドレス (当選案内を送ってほしいアドレスをご記入下さい。)


石川直樹氏プロフィール

1977年東京生まれ。未知の世界を訪れる一方、人類学、民俗学の領域に関心をもち、行為の経験としての移動、旅をテーマに作品を発表し続けています。2006年、「THE VOID」(ニーハイメディア)により、さがみはら写真新人奨励賞、三木淳賞受賞。2008年、「NEW DIMENSION」(赤々舎)、「POLAR」(リトルモア)により、日本写真協会新人賞、講談社出版文化賞を受賞。2009年、「Mt. Fuji」(リトルモア)、カナダ西海岸のハイダグアイおよび北極圏のイヌヴィックとタクトヤクタックなどの写真をおさめた「VERNACULAR」(赤々舎)を含む活動によって東川賞新人作家賞を受賞。また、ポリネシアの島々の現在とその広がりをとらえた「CORONA」により、土門拳賞を受賞しました。


上映映画 The Wings of Johnny May (英)

制作: カナダ国立映画制作庁 (2013年)
監督: マーク・ファファード
上映時間: 83分54秒
言語: 英語 (日本語字幕付き)

ヌナビクのイヌイットで初めてのパイロットとして辺境の空を飛び、伝説的な存在となったジョニー・メイにスポットを当てた長編ドキュメンタリー。3万4000時間にも及ぶ飛行を通じて数々の驚くべき冒険をしたメイは、操縦席から北極地域を見続け、その変容について独自の考えを持つようになります。彼はイヌイットの生活様式が遊牧から定住へと変わり、気候変動が永久凍土を溶かすのを見てきました。しかし、ずっと変わらないものがひとつあります。妻ルイザに対するメイの深い愛情です。飛行を始めたばかりの頃から、彼の飛行機の機体には妻に向けたメッセージがイヌイットの言葉で大きく書かれています - 「ペンゴ・パリー(君が恋しい)」。 The Wings of Johnny May は、並外れたスケールを持つ男の目を通して独自の文化を描き出す飛行ドキュメンタリーです。

 

 

Footer

更新日:
2014-05-28