カナダ政府
カナダ政府の象徴

Government of Canada

japan.gc.ca

Breadcrumb

  1. トップページ
  2. >
  3. 在日カナダ公館
  4. >
  5. 高円宮記念ギャラリー


「旅する版画:イヌイットの版画のはじまりと日本」
2011年1月21日(金) ~ 3月15日(火)
於 カナダ大使館高円宮記念ギャラリー

2010年11月16日

Polar Bear and Cub in Ice, Niviasi, 1959, (c) Dorset Fine Arts, Canadian Museum of Civilization, Photo: (c) CMCC, M-L. Deruaz
Polar Bear and Cub in Ice,
Niviasi, 1959,
© Dorset Fine Arts,
Canadian Museum of Civilization
Photo: © CMCC, M-L. Deruaz

展覧会のご案内

カナダ大使館は、カナダ極北地方で最も長い歴史と優れた実績を有するケープドーセットの版画工房で初期(1950年代後半から1960年代前半)に制作された作品と、この時期に日本がイヌイットの版画に与えた影響に焦点を当てて紹介する展覧会を開催いたします。

50年ほど前、カナダの北極地方にある小さなコミュニティー、ケープドーセットに、日本の伝統的な版画技術が初めて持ち込まれました。1957年に当時政府の職員だったジェームズ・ヒューストンが、イヌイットが収入を得るための手段になることを期待して、この地の人々に版画制作の方法を紹介したのです。翌年、ヒューストンは版画技術についてより深く知るために自ら日本に行き、世界的な版画の名匠である平塚運一のもとで3ヶ月間学びました。1959年に北極地方に帰ると、彼は版画制作を始めたばかりのケープドーセットの人々に日本で集めたたくさんの版画を見せ、習得した技術を伝えました。

それ以来今日まで、イヌイットの版画家は、自らの創造性を表現し、自分たちの歴史と文化を記録するための手段として版画制作を続けています。現在では、彼らの作品は国際的に高く評価され、商業面でも大きな成功を収めています。

「旅する版画:イヌイットの版画のはじまりと日本」では、芸術におけるこの特別な出会いと、そこから生み出されたすばらしい作品に光を当てます。本展覧会では、ケープドーセットの希少な初期の作品や、1959年にヒューストンが現地に持ち帰った、平塚運一、棟方志功をはじめとする日本人版画家の作品などのオリジナル版画49点を紹介します。展示される日本人作家の作品はいずれも、カナンギナク・プートゥーグック、ルッカ・シアツクといったイヌイットのアーティストに影響を与えた貴重なものです。本展覧会では、これらの作品を並べて展示し、ケープドーセットのアーティストがそれぞれの創造性を生かして、日本の影響を取り入れていったことを明らかにします。イヌイットの拓本、平塚運一の影響を受けた力強い単色刷りの石版画、日本の「合羽刷り」技法を基にしたステンシル版画など、イヌイットのアーティストが制作した希少な作品をお楽しみください。

また、石版や、ヒューストンがケープドーセットの人々に紹介した日本の道具にヒントを得て、1950年代後半に現地のアーティストが製作・使用した初期の版画道具なども併せて展示いたします。

「旅する版画:イヌイットの版画のはじまりと日本」は、カナダ文明博物館(英・仏)によって制作されました。


【 記 】

日時: 2011年1月21日(金) ~ 3月15日(火)

  • 平日:午前9時から午後5時半まで
  • 水曜日:午前9時から午後8時まで
  • 土、日、2月11日(金)は休館


場所: カナダ大使館高円宮記念ギャラリー
(東京都港区赤坂7-3-38 地下鉄「青山1丁目」駅より徒歩5分)

入場: 無料

お問い合わせ先: カナダ大使館広報部  Tel:03-5412-6257

メディア関係のお問い合わせ先: 飯窪里由子  Tel:03-5412-6347

 

 

Footer

更新日:
2012-06-04