カナダ政府
カナダ政府の象徴

Government of Canada

japan.gc.ca

Breadcrumb

  1. トップページ

2018年のG7サミット、ケベック州シャルルボワで開催

2017年5月27日

ニュースリリース
タオルミーナ(イタリア)発

ジャスティン・トルドー首相は本日、2018年のG7サミットをケベック州ラ・マルベイのル・マノワール・リシュリューで開催することを発表しました。同州シャルルボアにある、豊かな田園風景が広がるラ・マルベイは、雄大で多面的なカナダの自然の美しさに満ち、またセントローレンス川の歴史的な重要性を感じさせる地域です。
来年のサミットはカナダにとって、ミドルクラスの強化、ジェンダーの平等推進、気候変動との闘い、ダイバーシティとインクルージョンの尊重など、国内外の優先課題を示す場となります。
同時に、緊急性の高いグローバルな問題に取り組み、革新的でクリーンな経済成長を目指して連携を強めるよう他のG7諸国に訴える重要な機会でもあります。
これに併せて本日、ジャンイヴ・デュクロ家庭・子供・社会開発大臣とディアンヌ・ルブティリエ歳入大臣も、ル・マノワール・リシュリューで発表を行いました。

コメント

「カナダは、2018年のG7サミットをシャルルボワで開催します。活気に満ちたこの地域は、二言語主義、多様な文化、四季それぞれの素晴らしい景観など、カナダが誇る全てのものを備えています。私は来年、美しいシャルルボアにG7の首脳を迎えることを楽しみにしています。何世代にもわたるカナダ人と同じように、各国の首脳もこの地域に魅了されるに違いありません」。
- ジャスティン・トルドー カナダ首相

関連情報

・ カナダでのサミット開催は今回が6度目、ケベック州での前回の開催は1981年。
・ カナダの過去のサミット開催地は、オンタリオ州マスコーカ(2010年)、アルバータ州カナナスキス(2002年)、ノバ・スコシア州ハリファックス(1995年)、オンタリオ州トロント(1988年)、オンタリオ州オタワ-ケベック州モンテベロ(1981年)。

上記は参考のための仮翻訳で、正文は英文 および仏文 です。

Footer

更新日:
2017-06-08