カナダ政府
カナダ政府の象徴

Government of Canada

japan.gc.ca

Breadcrumb

  1. トップページ
  2. >
  3. ニュース・イベント
  4. >
  5. メディア


トルドー首相、公式実務訪問とG7サミット出席のため日本へ

2016年5月13日

ニュースリリース

アルバータ州フォートマクマレー

ジャスティン・トルドー首相は本日、5月26~27日に伊勢志摩で開催されるG7サミットに出席するため日本を訪れることを発表しました。サミットに先立ち、トルドー首相は5月23~25日、安倍晋三首相の招待を受けて日本を公式実務訪問します。

日本滞在中、トルドー首相は天皇皇后両陛下に謁見します。また、安倍晋三首相と会談し、幅広い分野での協力を通じてカナダと日本の緊密な関係をさらに発展させていくことを改めて確認します。トルドー首相はさらに、自動車産業のリーダーたちと会い、日加間の貿易と投資を一層促進する方法について意見を交換する予定です。これらを通じて、カナダ国民のために質の高い雇用を創出し、ミドルクラスを強化し、クリーンで持続可能な経済成長を実現するよう努めます。

G7サミットでは、カナダは新たな手法でグローバルな取組みに対処していくことを改めて明言します。経済、貿易、気候変動、平和と安全保障、開発、女性の社会的地位向上など多くのグローバルな重要課題は、いずれもカナダ政府による優先政策の実行を推進するものです。首相は、G7のパートナーと協力してこれらに取り組んでいくカナダの決意を強調する予定です。


メッセージ

「カナダにとって、日本は長年にわたる重要なパートナーです。私は、天皇皇后両陛下にお目にかかることを楽しみにしています。安倍晋三首相との会談では、貿易、投資、平和と安全保障、文化、教育、環境、科学、技術、イノベーションなど多くの分野で、カナダと日本の絆を深めていく方法を探ります」

- ジャスティン・トルドー カナダ首相

「カナダの国際社会での活動が新しい時代に入ったいま、私はG7のリーダーたちに会い、強いミドルクラスを支える、開かれた持続可能な経済と社会を実現するための取組みをはじめ、G7に共通する国内、およびグローバルな重要課題に向けて連携を強めたいと考えています」

- ジャスティン・トルドー カナダ首相

 


上記は参考のための仮翻訳で、正文は英文および仏文です。

 

Footer

更新日:
2016-05-16