カナダ政府
カナダ政府の象徴

Government of Canada

japan.gc.ca

Breadcrumb

  1. トップページ
  2. >
  3. 在日カナダ公館
  4. >
  5. E・H・ノーマン図書館


E・ハーバート・ノーマン略歴

 E・ハーバート・ノーマン

歴史家・外交官、E・ハーバート・ノーマンは、1909年9月1日、カナダ人宣教師の第3子として長野県の軽井沢で誕生。トロント大学、ケンブリッジ大学、コロンビア大学、ハーバード大学で学び、1939年カナダ外務省に入省。

第二次大戦後、米国の要請によりカナダ外務省からGHQ (連合国軍総司令部) に出向し、占領下の日本の民主化・改革に携わった。1946年8月、駐日カナダ代表部首席に就任。1951年9月、サンフランシスコ対日講和会議のカナダ代表首席随員。1953年、駐ニュージーランド高等弁務官に就任。1956年、駐エジプト大使兼レバノン公使に就任。

1956年、スエズ動乱勃発に際し、平和維持と監視のための国連緊急軍導入に功績を残した。しかし、冷戦下の狂信的なマッカーシズムの嵐に巻き込まれ、1957年4月4日、任地カイロで自死を遂げる。

その生涯を通して、カナダと日本の人々の相互理解と友好に尽した功績を偲び、本図書館を「E・H・ノーマン図書館」と命名する。

E・ハーバート・ノーマン関係資料

 

 

Footer

更新日:
2013-02-06