カナダ政府
カナダ政府の象徴

Government of Canada

japan.gc.ca

Breadcrumb

  1. トップページ
  2. >
  3. カナダ発見
  4. >
  5. カナダ留学


カレッジ留学


入学手続き

日本人が、コミュニティ・カレッジへの留学を希望するとき、最大のネックになるのは、やはり英語力です。英語力が不足している人は、志望校にESLコースがあるかどうか、学校の資料をチェックしましょう。英語力が足りない人は、まずカナダに行って、語学力をつけながら入学準備をするのもよい方法といえます。

志望校(3校くらいまで)を絞り込んだら、学校の資料といっしょに同封されていた入学願書に記入して、いよいよ出願手続きです。申請に必要な書類は、学校によって異なりますが、以下の書類は、ほとんどのカレッジが必要とします。

申請は、必要書類を添えて次の手順で行います。書類の作成は、すべて英文です。最近では、資料請求と同じように、現地のカレッジのホームページに必要項目を記入すれば申請できる学校が増えています。

  1. 学校の指定の入学願書 (Application Form) に記入
    氏名、生年月日、年齢、学歴、国籍などを記入します。各学校によって書式が違うので、注意してください。指定の用紙をコピーして、一度下書きしてから記入するとミスを防ぐことができるでしょう。
  2. 成績証明書 (Transcript of Records)
    最終在籍学校の過去3年間、最新、最終のいずれかの成績証明書を出身校または在籍校より英文で発行をしてもらいます。和文での提出になる場合は、それを英訳して大使館で認証を受ける必要があります。認証については、カナダ大使館領事部へお問い合わせください。(Tel:03-5412-6200)
  3. 申請料 (Application Fee) または登録料 (Registration Fee)
    C$100~C$200程度です。学校指定の銀行口座に振り込む場合は、銀行から発行される外国向送金計算書のコピーを、銀行の送金小切手で送る場合は小切手を同封します。送金手数料は、申請料から引かないように要注意。最近、VISA、Masterなどのカードで支払いができる学校が増えていますが、カードで支払う場合は、入学願書に、カードの番号、支払い金額、カードの有効期限、日付などを記入してサインをします。
  4. TOEFLのスコア

1~4をひとつの封筒に入れて、指定された宛て先に送ります。TOEFLのスコアは、カナダのカレッジのコード番号を記入して、テストセンターから直接学校に送ってもらいましょう。審査にパスすると、入学内定書または入学許可証が送られてきます。入学内定書の場合は、学校によって多少異なりますが、1学期分の授業料の納入や選択したコースのカリキュラム編成の記入などを要求されることがあります。


留学支援団体やエージェントに依頼するときの注意点

民間の留学支援団体やエージェントは、カレッジの情報などをたくさんもっていて、手続きに慣れているので、利用する人も少なくありません。これらの団体に手続きを頼む場合は、複数の団体から情報をたくさん集めて、慎重に、信頼できるところを選んでください。

  1. 派遣実績、実施プログラムの種類、業務(サポートやサービス)内容が明確かどうか
  2. 費用や手数料など、費目と金額はきちんと明確になっているか
  3. プログラムに関する契約書の内容は明確かどうか
  4. 留学期間中のカウンセリング、ケアシステムは万全か
  5. 留学期間中の医療保険への加入を積極的に進めてくれるか
  6. 出発前、オリエンテーションをしてくれるか
  7. 事故やトラブルが生じた場合の態勢は確立されているか

 

 

Footer

更新日:
2010-04-27