カナダ政府
カナダ政府の象徴

Government of Canada

japan.gc.ca

Breadcrumb

  1. トップページ
  2. >
  3. カナダ発見
  4. >
  5. カナダ留学


カレッジ留学


コミュニティ・カレッジとユニバーシティ・カレッジ

コミュニティ・カレッジ (Community Colleges)

カナダでカレッジ(短大)といえば、Community College(違う呼び方をする州もある)のことを指します。しかし、日本でいう短期大学とは、性質、制度が大きく異なります。カナダのコミュニティ・最近の、カナダ・コミュニティ・カレッジ協会(ACCC=Association of Canadian Community Colleges)の調査によると、90万人のフルタイムの学生と、150万人のパートタイムの学生が通っているということです。

コミュニティ・カレッジは、呼び名のとおり、それぞれの地域に根差した、そのコミュニティの最も重要な雇用と成人教育の機関です。さまざまなレベル、テクノロジーから創作芸術までの広い分野にわたり、研修や就職に関係するプログラムを提供しています。カレッジの入学基準は大学よりも低く、研究スペースにも恵まれ、小人数クラスで、対話方式の授業をおこなっています。大学よりも、より就職に結びつくカリキュラムが特徴で、常に最新のビジネスや産業をもとに編成され、多くのカレッジが、経験が重要と考え、学生がキャンパスで勉強しながら実社会で実習できる実践的プログラムを用意しています。コミュニティ・カレッジは、ほとんどが州立で、規定の単位を修得すると、修了証書のサーティフィケート(Certificate)あるいはディプロマ(Diploma)が取得できます。また、ブリティッシュ・コロンビア(B.C.)州では、2年間で必要単位を修得すると、Associate Degree(準学士号)が取得できます。オンタリオ州には、XXCollegeと呼ばれる学校のほかに、XXCollege of Applied Arts & Technologyとか、XXCollege/Institute of Technology & Advanced Learningと呼ばれるカレッジ(実務経験を含む)があり、学士号(Applied Arts Degree)を出す学校が増えてきています。

コミュニティ・カレッジのコースには、大きく分けて、次のふたつの種類があります。

(注:すべてのカレッジが両方のコースをもっているわけではありません)

  1. 大学編入(ユニバーシティ・トランスファープログラム)
    単位修得が目的で、カナダの大学の教養課程(1、2年生)に相当します。大学編入コースで、大学が必要とする単位数を修得した学生は、2年または3年次に編入することができます。
  2. 職業訓練コース
    就職を目的とした人材育成プログラムを実施。会計事務、秘書 Aコンピューター、デザイン、調理をはじめ、なかには100以上の実践的な科目を用意しているカレッジもあります。理論はもちろん、実社会で役立つ即戦力や実践技術などが学べます。職業訓練コースは、基本的に地元住民を対象にしたプログラムなので、一般的にその州の住民が優先されますが、なかには積極的に外国人留学生を受け入れているカレッジもあります。また、1と2のコースのほかに、ESLとアカデミック・コースをミックスさせたコースも登場し、人気を集めています。“ビジネス+ESL”とか、“ツーリズム+ESL”というように呼ばれており、1科目だけにしぼった学習と英語の勉強ができますが、留学生は、TOEFLで500~550点の英語力が必要となります。

コミュニティ・カレッジの「入学条件と費用」

入学条件や費用、必要書類などは、学校やコースによって異なります。例として、アルバータ州のある公立のコミュニティ・カレッジの具体例を紹介するので、目安や参考にしてください。

  • コース
    大学編入、職業訓練。
  • 入学条件
    18歳以上。大学編入・職業訓練コースは、TOEFL527点(コンピューターTOEFL 197点)以上。ただし、カナダの英語の中等教育機関で2年以上勉強した人と、EAP(大学進学準備)プログラムのレベル4以上の人は不要です。
  • 必要書類
    入学申請書(オンラインで申請できます)、高校、短大、専門学校、大学の成績証明書のオリジナル、英語能力を証明するもの(TOEFLまたはIELTS)、入学申請料(C$50)。
  • 授業料
    1学期(4か月)C$3,200~C$3,800(別に教科書代1科目あたりC$30~C$100)。その他、学生会、学生新聞、同窓会などの費用として1学期あたりC$60。
  • 滞在費
    アパート:C$400~C$1,000/月。ホームステイ:C$500~C$800/月 そのほか、入学許可を受けたら1学期の授業料を送金、医療保険(C$120=1学期)に加入等、その学校によって到着日や事前参加プログラムなどが違うので注意してください。

 

ユニバーシティ・カレッジ (University Colleges)

最近、中等教育修了後の進路先として人気があるのがUniversity Collegeです。この学校は、文字どおり大学とカレッジの両方の性格を備えている。B.C.州では1989年から、地元のユニバーシティ・カレッジで、コースによっては、学士号が取得できるようになりました。その学士号は、大学で取得した 烽フと同等に扱われます。また、そのほかのコースでも、必要な単位を修得すると、大学課程の2年または3年次に編入できるなど、修了すると学位の取得ができるので、今後、留学生の数が増えるものと予想されます。

B.C.州の、ある公立のユニバーシティ・カレッジの入学条件や費用は、だいたい次のようになっているので、目安にして下さい。

  • コース
    ESLのほか、大学編入コース、ビジネス、コンピューター科学&テクノロジー、科学、保健学、観光学など、コースの数は50を超えます。学士号コースのなかには、実務体験学習(Co-op Education Program)ができるユニークなものもあり、2年次から1学期、4年次には2学期間のWork term(有給の実務体験)ができる。Co-opのフルタイムの留学生は、学期の授業料の40パーセントがCo-opの参加費に当てられます。
  • 入学条件
    17歳以上。必要なTOEFLのスコアは、大学編入コース+アカデミック・コースは570点以上。
  • 申請料 C$100
  • 授業料 C$6,000(1学期)
  • 滞在費 C$2,400(1学期)/ホームステイ(食事つき)、寮(C$1,280~C$1,500)
  • 教科書 C$100~C$500(1学期)
  • 医療保険 C$216(4か月)

    そのほか、共済費としてC$255が必要。

 

ほとんどのカレッジには、留学生に情報と支援を提供する留学生センターがあり、留学生のためのオリエンテーションや学科登録、学業、就学許可証、ヘルスケアに関するアドバイス、異文化に適応するためのカウンセリング、在学生によるピアカウンセリング、出発前の準備に関する助言、空港への出迎えサービスなどを受けることができます。

 

 

Footer

更新日:
2010-04-27