カナダ政府
カナダ政府の象徴

Government of Canada

japan.gc.ca

Breadcrumb

  1. トップページ
  2. >
  3. カナダ発見
  4. >
  5. カナダ留学


カレッジ留学


はじめに

カナダには、日本の文部科学省のような、国家レベルで教育を管理・運営する機関はありません。中央政府は指針を示す程度で、教育の管理・運営は完全な地方自治制。教育権は、各州の教育省にあります。

中等教育(中学・高校)課程を修了(卒業)して、高等教育機関への進学に必要なコースで規定以上の成績を取ると、カレッジまたは総合大学などに入学申請をする資格を得ることができます。コミュニティ・カレッジ、専門学校や職業学校、 CEGEP(セジェップ)、技術専門学校などのカレッジは、ビジネス、工芸美術、技術、コンピューター、福祉、保健などの職業教育や長期教育を行います。しかし、これらの学校は卒業証書や修了証書はもらえますが、学位を取得することはできません。ただし、最近になって、数は少ないですが、ブリティッシュ・コロンビア(B.C.)州のように、学位取得ができるプログラムを用意するユニバーシティ・カレッジも出てきました。

期間は短い課程で6か月、長いもので3年です。カレッジの新学期は9月で、翌年の4月に終了します。カレッジの多くは2学期制ですが、なかには3学期制の学校もあります。こうしたカレッジは、全国に200校以上あります。

ケベック州の初等・中等教育は11年間で、他の州の12年間よりも短いので、総合大学へ入るにはカレッジの卒業資格が必要になります。この入学資格を取るためのカレッジは、CEGEP(セジェップ)と呼ばれ、大学進学コースと就職コースの2つがあります。また、いくつかの州には私立の職業カレッジ(専門学校)もあります。

初めにことわっておきますが、カナダは、州や学校によって制度や単位などが異なるので、自分が留学する州が決まったら、教育システムや学校の制度を、事前に詳しく調べるようにしてください。


ESLからのスタートが一般的

日本の高校や大学から、いきなりコミュニティ・カレッジや私立の専門学校に入学するのは、高い英語力がない限り、かなり難しいといえます。まずカナダに行って、英語力をつけながら入学準備をしたほうが、賢明といえるかもしれません。

例えば、コミュニティ・カレッジのアカデミック・コースを希望する人は、カレッジの ESL からスタートします。ESLでは、英語力がアップするにしたがって本課程の科目を取ることができます。それに、ESLで必要とされる英語力がついたら、コミュニティ・カレッジへの入学許可がもらえることもあります。

また、私立の専門学校を希望する人は、英語学校に通いながら、入学したいと思っている専門学校をたずねて、カウンセリングを受けてみるのもよいでしょう。これは、一種の面接テストで、授業を受けるのに十分な英語力があると判断されれば、入学申請をすることができます。

 

 

Footer

更新日:
2010-04-27