カナダ政府
カナダ政府の象徴

Government of Canada

japan.gc.ca

Breadcrumb

  1. トップページ
  2. >
  3. カナダ発見
  4. >
  5. カナダ留学


大学院留学


入学許可条件

カナダの大学の大部分の大学院プログラムは、大学院課程の研究科によって運営されており、修士・博士課程双方のコースへの入学審査を監督する任務も負っています。

大学院への入学基準はそれぞれの大学ごとに、またはプログラムごとに異なっています。

一般的には、修士課程への入学には優等学士号(またはこれと同等のもの)や優れた学問上の地位が必要です。この条件を満たさない志願者は、もう一年の追加研究が課せられる、という条件付きで入学が許可される場合があります。

専門性に重点をおく修士課程では、希望する研究分野での就労経験を要求されることがよくあります。

大学院の特色として、博士課程に進学する際に修士課程で優良な成績を収めることが求められます。多くの大学が、特に科学や工学分野で優等学士号プログラムから直接博士課程へと学生を進級させる、飛び級制度を採用しはじめています。

ある種の大学院プログラム、特に専門性を志向するプログラムでは、公式の成績証明書に加えて、一つあるいはそれ以上の標準テストの正式な点数を提出するよう求めるケースがあります。最も一般的なテストは大学院進学適正試験(GRE)か大学院経営学修士進学適正試験(GMAT)です。

大部分の大学院は、皆さんの研究能力や適性を証明することのできる教授や研究者等からの、2、3通の推薦状を願書に添えて提出することを求めています。

また、大部分の大学では学問・職業上の目標や大学院プログラムに申請する理由を明記した、皆さん自身の手による手紙を求めています。大学院入学委員会は、皆さんの目標が現実的で、プログラムが皆さんの関心に沿うものであり、皆さんが研究を成功させるのに必要な資質を有している、との証左を求めているのです。

 

 

Footer

更新日:
2012-06-08