カナダ政府
カナダ政府の象徴

Government of Canada

japan.gc.ca

Breadcrumb

  1. トップページ
  2. >
  3. カナダ発見
  4. >
  5. カナダ留学


中学・高校留学


中学・高校の種類と特徴

カナダの中学・高校は、公立と私立に分かれています。カナダ全土で、公立と私立を合わせ、中等教育課程(高校)をもつ学校が約5,500校あります。カナダでは、95%の生徒が公立高校に通っています。

  • 公立の中学・高校:
    公立高校は、地元のカナダ国民に広く教育を行うのが目的で、各州の教育省によって運営されています。州内をいくつかの学区(School BoardまたはSchool Districtという)に分け、人口密度に応じて各学区に 1 校から数校設置されています。各学区には、それぞれ教育委員会が設けられており、そこが学区内の公立高校の管理・運営を行っています。
  • 私立の中学・高校:
    カナダの私立の中学・高校の多くは、カソリックかプロテスタントのキリスト教系の学校で、全体の50%を占めています。そのほかを、ESLスクールとインディペンデント・スクールが占めています。私立の大きな特徴は、学校独自の伝統的な授業と個性をもつところです。共学校のほかに寮制、男子校、女子校、遠隔地からの生徒や留学生にホームステイ先を用意している学校など、いろいろなタイプがあります。


公立も私立も入学条件は、学校によってまちまちですが、過去2年間の成績証明書と推薦状は、ほとんどの学校が要求します。なかには、エッセーや健康診断書、TOEFLのスコアなどが必要な学校もあります。また、C$50~C$250の範囲で申請料も必要です。

授業料は年間C$10,000~C$26,000くらい。ホームステイの費用は1か月C$500~C$800で、1か月の寮費は2人部屋でC$450~C$800以上、1人部屋でC$800程度かかります。また、私立の場合は制服代(C$200~C$300)や空港への出迎え(C$50)などが必要な学校もあります。(C$1=約90円=2005年8月現在)

 

 

Footer

更新日:
2010-05-05