カナダ政府
カナダ政府の象徴

Government of Canada

japan.gc.ca

Breadcrumb

  1. トップページ
  2. >
  3. カナダ発見
  4. >
  5. カナダ留学


大学留学


ESL と TOEFL

ESL から始める人が多い

日本の高校や大学から、いきなりカナダの大学に入学するのは、高い英語力がない限り、かなり難しいといえます。カナダの大学へ留学を考える人は、まず大学付属の ESL コースに入り、ある程度英語の成績を上げてからトライしたほうが、賢明といえるかもしれません。

大学付属の ESL は、大学の図書館やコンピューターラボ、スポーツジム、カフェテリアなどの設備も使え、大学の情報も頻繁に入ってきます。さらに、大学の入学審査の際、カナダの ESL で勉強していたという実績が評価されることもあります。

また、B.C.州やアルバータ州のコミュニティ・カレッジのなかには、ESLでしっかり英語力をつけてから大学編入コースの単位を修得すれば、大学学部の2年~3年次に編入できるところもあります。いずれにしても、カナダの大学留学は、学力も英語力も、かなり高度な実力が必要とされます。準備は、留学予定より少なくとも1年前には開始するようにしましょう。


TOEFL テスト

TOEFL iBT(インターネット版TOEFLテスト)は2006年7月から日本での運用が開始され、アカデミックテストとして4技能(Reading, Listening, Speaking, Writing)を総合的に測定します。各セクション30点配点の合計120点満点で、カナダのカレッジへは71点以上、私立の専門学校の場合は最低でも50点のスコアを確保しておいたほうがよいでしょう。

TOEFL iBTは年に30~40回開催され、1度テストを受けたら中12日空けなければ次のテストを受けることができません。スコアの有効期限は試験日から2年間で、所定の手続きをすればオフィシャルスコアレポートをご希望の大学/団体に直接送付することが出来ます。

2014年現在の受験料は$225(通常申込の場合。予告なく変更される可能性があります)。受験をお考えの方は、こちらのサイトから最新情報をご確認ください。

TOEFL iBTに関する詳しいお問合せ先一覧

 

 

Footer

更新日:
2014-08-04