カナダ政府
カナダ政府の象徴

Government of Canada

japan.gc.ca

Breadcrumb

  1. トップページ
  2. >
  3. カナダ発見
  4. >
  5. カナダ留学


大学留学


はじめに

カナダの教育制度

カナダには、日本の文部科学省のような、国家レベルで教育を管理・運営する機関はありません。中央政府は指針を示す程度で、教育の管理・運営は完全な地方自治制。教育権は、各州の教育省にあります。

中等教育課程を修了(卒業)して、高等教育機関への進学に必要なコースで規定以上の成績を取ると、大学やコミュニティ・カレッジなどに入学申請をする資格を得ることができます。大学には、州立と私立があり、学位の取得ができる大学と学位に関係ない大学があります。カナダで、学位を取得できるのは総合大学と学位授与権のあるカレッジだけです。カナダには、約93の学位授与権をもつ高等教育機関(カレッジを含む)があります。

ケベック州は特殊で、初等・中等教育が11年間。他の州の12年間よりも短いので、総合大学へ入るにはカレッジ(2年間)の卒業資格が必要です。この大学入学資格を取るためのカレッジは CEGEP(セジェップ)と呼ばれ、大学進学コースと職業コースの2つがあります。


大学の種類 (タイプ)

カナダの大学は、主に

  1. 大学院博士課程のある大学
    高度な研究活動プログラムを展開する大学で、ほとんどに医学部がある
  2. 大学院レベルの学部大学
    学部・大学院レベルのクラスで、MBAなどの学位を含む幅広いプログラムをもつ
  3. 学部教育を重視する大学
    学部を特定のものに限定して集中的に教育する

以上、3つのタイプに分けられます。

1と2のタイプは、ほとんどが都市部にある総合大学で人気も高く、設備も充実しています。大学間との密接なネットワークをもち、実社会の最新の情報を反映させた質の高い教育機関といえます。

3はカナダ東部に多く、ほとんどが全学生数3,000人程度の規模で、人文系学部が充実しているのが特徴です。

クラスも、規模に合わせて少人数(20~30人程度)の大学が多いので、行き届いた指導が期待できます。


履修課程と学位

大学には、学士、修士、博士の3課程がありますが、学士課程しかない大学もあります。また、大学のほとんどが学位取得課程のほかに、Diploma(ディプロマ)、Certificate(サーティフィケート)の2種類の修了資格を与える1~3年コースをもっています。

  • 学士号 (Bachelor's Degree)
    州や学科によって異なりますが、必要な単位を取得するまでに、一般的に3年~5年かかります。3年課程の単位を取得すると、一般学士(General Pass Degree)、さらに4年課程の単位を取得すると優等学士(Honour's Degree)を与える州、一般学士や優等学士、年数に関係なく、必要な単位を取得しないと修了(卒業)できない大学など、タイプはさまざまです。
  • 修士号 (Master's Degree)
    優等学士号を取得したあと、さらに2年(少ないが1年もある)の単位を修得すると授与されます。なかには、修士論文や総合試験、あるいは専攻に関連した分野でのインターンシップなどが必要な大学もあります。
  • 博士号 (PhD)
    一般的に、修士号のあとさらに3年の覆修が必要ですが、研究レベルが高度になるため、実際に博士号授与に必要な単位を取得するまでには、もっと多くの時間を必要とするようです。平均して、合計で4~5年はかけています。博士号を取るには、ゼミやいくつかの専門コースに出席するのはもちろん、研究、論文作成、理論の展開や論証などで、説得できる実績が要求されます。


大学の学科や課程は、単位制度になっていますが、期間や単位数は大学によってまちまちです。詳しくは、各大学要覧またはカナダ大学協会(希望すれば各大学の科目リストなどが無料で入手できる)でチェックしてください。


難度が高いカナダの大学

カナダの大学は、世界的にみても教育の質が高いといわれています。北アメリカの優秀大学ランキングを評価するゴーマン・レポートによると、工学部門で見た場合、ベスト10にトロント大学、マギル大学、ブリティッシュ・コロンビア大学、マックマスター大学の4校が入っています。カナダの大学の学位は、通常、英連邦諸国や米国の学位と同等に評価されています。ただし、日本での評価は、日本の大学や企業の判断に委ねられています。

さて、カナダの大学で高いのは、教育レベルだけではありません。大学入学の難度も、かなり高いといえます。

カナダで大学進学を希望する学生は、高校課程の大学進学コース(Academic Program)で、卒業に必要な単位を取ります。ここで、自分が大学で専攻する分野に合わせて、理系・文系のどちらか(志望の大学の入学課題)を集中的に勉強します。カナダの高校卒業時の学力は、学科によっては日本の学生のほうが高いかもしれませんが、大学に入ってからの勉強は、カナダのほうが厳しいといえます。大学のなかには、日本の大学で1年以上勉強していることを入学条件にしている学校もあります。

さらに、法律や医学、工学、歯科などの専門課程を設けている大学もたくさんありますが、学部の一般教養の全部(大学によっては一部)を修了していなければ、ほとんどの学校が入学許可を出しません。それに、地域のニーズを最優先にしているため、いくつかの学部(特に医学と工学)では、留学生の受け入れ数を制限するところをはじめ、まったく受け入れない大学もあります。

カナダの大学へ留学を考える人は、まず大学付属のESLコースに入り、英語力を十分につけてからトライしたほうが賢明といえるかもしれません。大学付属のESLコースは、在籍中、キャンパスの図書館やコンピューター・ラボ、スポーツジム、カフェテリアなどの施設も使えるし、大学の情報も頻繁に入ってくる。また、B.C.州やアルバータ州のコミュニティ・カレッジのなかには、ESLで十分な英語力をつけ、大学編入コースで本課程進学に必要な単位を修得すれば、大学学部の2年~3年次に編入できるところもあります。カナダでは、ほとんどの大学が、留学生に情報と支援を提供する留学生センターを設けている。留学生のためのオリエンテーションや学科登録、学業、就学許可証、ヘルスケアに関するアドバイス、異文化に適応するためのカウンセリング、在学生によるピアカウンセリング、出発前の準備に関する助言、空港への出迎えサービスなどを受けることができるます。


カナダの大学の学年と学期

大学の新学期は9月に始まり、翌年の4月に終わります。多くが2学期制ですが、なかには3学期制をとる大学もあります。2学期制の大学は9月または1月、3学期制のところは9月、1月、5月に入学できます。多くの大学では、休暇中の5~8月に受講できるプログラムを用意しています。通常、クリスマスから新年にかけて短期(最も短い場合で12月24日~1月2日)の休みがあります。

 

 

Footer

更新日:
2010-04-27