カナダ政府
カナダ政府の象徴

Government of Canada

japan.gc.ca

Breadcrumb

  1. トップページ
  2. >
  3. カナダ発見
  4. >
  5. カナダ留学


大学留学

資料請求

資料を調べて、留学したい学校(複数選択)が決まったら、志望校に資料の請求をします。今では、ホームページで資料請求の申し込みができる学校が増えています。資料請求するときは、必ずその学校のCalendarも入手しましょう。

Calendar には、最新の1年間の予定をはじめ、学校の規則や申請の手順、プログラム(コース)の種類や内容の説明など、大学の情報がすべて入っているので、とても便利です。料金は学校によって異なりますが、C$5~C$35くらい必要になります。www.canlearn.ca にアクセスすると、Calendarが掲載されています。

Eメールやファックス、ホームページで資料請求するときは、下記の必要項目を記入してください。また、手紙で資料請求をする場合は、資料返信先の自分の名前と住所を記入した「返信用ラベル」を同封すること。

  1. 自分の名前、性別、年齢、現住所(資料の返信先)、語学能力
  2. 入学を希望する専攻やコース (大学編入コース、職業訓練コースの場合は科目など)
  3. その他、日本人留学生の数など、個人的に確認したい点
  4. なお、エアメールで資料請求をする場合には、資料返信先の自分の名前と住所を記入した「返信用ラベル」を同封すること


学校から送られてきた資料をチェック

資料請求をすると、早ければ2週間程度で返事がきます。第1、あるいは第2志望の学校なのに、資料請求から1か月たっても返事がない場合は、Eメールかファックスで問い合わせてみましょう。

学校から送られてくるカタログや学校の説明書には、構成順は学校によってまちまちですが、だいたい次のような内容が載っています。

  • 学校の歴史やプロフィール
  • 学校の教育方針と設備
  • 地図、学校周辺のガイド
  • 学部とコースの内容
  • カリキュラムや卒業に必要な単位数
  • 授業料や必要経費
  • 健康保険の決まり
  • 入学条件と必要書類
  • 学校が提供するサービス
  • 登録やキャンセルの規定
  • 連絡先 (Admissions Office とか International Office) などのRegistrar's Office (入学手続き事務所)


それぞれの学校の要点をメモやリストしたら、次の点に注意しながら出願する学校の絞り込みをします。


留学する学校を選ぶ

学校を選ぶときに最大のネックになるのは、自分の学力と学校側が求める英語力です。学力(成績)、英語力(TOEFL または IELTS)とも、学校の要求をクリアしていなければ、留学できません。ただし、学力が不足(総合評価が平均点以下)している人は、その時点での留学は断念するしかありません。また、英語力が不足している人は、志望校に ESLコースがある場合は、そこで英語特訓を受けるか、日本で TOEFL や IELTS のスコアをアップさせて留学するか、方策を考えましょう。

学力と英語力のほかに、次の点もチェックして、志望校を絞り込んでください。

  • 場所
    東と西で、4時間半の時差がある広大なカナダ。東部にするか、それとも中部か西部か?また、都市部か地方か?滞在先、さらに周辺地域の気候や環境などをよく調べて、自分に合っていると思う場所を選んでください。

  • 設備
    留学は、科目の勉強だけをするわけではありません。スポーツもするし、学生活動にも参加します。学校の設備は、留学生活を充実させるうえでも重要です。キャンパスに、どのような設備がそろっているか、しっかりチェックしましょう。

 

 

Footer

更新日:
2012-06-08