カナダ政府
カナダ政府の象徴

Government of Canada

japan.gc.ca

Breadcrumb

  1. トップページ

「しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス」映画展

*会期が延長されました
2018年2月1日(木)〜 3月29日(木)

於:カナダ大使館 高円宮記念ギャラリー

2018年1月11日

Winter Sleigh

Maud Lewis "Winter Sleigh"
ノヴァスコシア美術館の提供、無断複写・転載を禁じます.

展覧会のご案内

カナダ大使館は、ノバスコシア州の画家モード・ルイス(1903 - 1970)の人生を描いた映画「しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス」公開を記念し、彼女が花柄を描いた缶の容器(実物)のほか、絵画の複製や映画の撮影に使用された小道具などを展示する展覧会を開催致します。

モード・ルイスは、両親と死別後叔母の家で暮らした後、魚の小売をしていたエベレットと結婚。彼女の絵が知られるようになったきっかけは、夫が魚を売る際に、モードが描いたポストカードを一緒に売り始めたことでした。若年性関節リウマチが悪化し、家事があまりできなかったモードに代わり、エベレットが家事をし、モードは絵を描き売ったお金を家計の足しにしていました。彼女が色彩豊かに描く風景や鳥、花などの絵はやがて評判となり、雑誌やテレビなどで取り上げられ、アメリカのニクソン大統領からも絵の依頼が入るほどになりました。ただ、2人は亡くなるまで電気もガスもない小さな小屋で慎ましく暮らし続けました。

扉や壁などに彼女の絵が描かれたモードとエベレットが住んでいた小屋は、1984年にノバスコシア美術館に移築されました。

本展は、モード・ルイスの人生と彼女の作品を知っていただく貴重な機会です。

*映画「しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス
2018年3月3日(土)公開
出演:サリー・ホーキンス、イーサン・ホーク
監督:アシュリング・ウォルシュ

本展は、ノバスコシア美術館ご協力のもと、開催されます。

【 記】

日時: 2018年2月1日(木)〜 3月29日(木)

  • 平日:午前10時から午後5時半まで
  • 土、日は休館


場所: カナダ大使館高円宮記念ギャラリー
(東京都港区赤坂7-3-38 地下鉄「青山1丁目」駅より徒歩5分)
入場: 無料
共催:松竹(株)

お問い合わせ先:

カナダ大使館広報部
Tel:03-5412-6304
E-mail:TOKYO.CC@international.gc.ca

メディア関係のお問い合わせ先:

Tel:03-5412-6444
(メディアライン:清水、江島、明林)
ツイッター:@CanEmbJapan
備考: カナダ大使館入館には政府発行の写真付身分証明書のご提示が必須です。
入館の際に手荷物検査があります。

Footer

更新日:
2018-02-27