カナダ政府
カナダ政府の象徴

Government of Canada

japan.gc.ca

Breadcrumb

  1. トップページ

駐日カナダ大使のメッセージ ― カナダデーに寄せて

2019年7月1日

第152回カナダ連邦結成記念日カナダデーにあたり、皆様にご挨拶申し上げます。

今年は、カナダが日本に公使館を開設して90周年という、日加関係にとって記念すべき年であると共に、日本では新たな時代「令和」が幕を開けた歴史的な年でもあります。

昨年に続き、4月下旬に私たちは安倍首相をカナダにお迎えしました。首相の訪加は、カナダと日本が一層つながりを深め、様々なグローバルおよび地域的な課題への連携強化に向けた基盤を築くものとなりました。国際機関や日加両国が共有する価値観が脅かされている現在、ルールに基づく国際秩序を維持するため、日加間の連携はこれまで以上に重要性を増しています。先日開催されたG20大阪サミットへのトルドー首相の積極的な参画は、カナダと日本が共通の目的に向けてどのように協力していけるかを明確に表しています。

人と人との豊かなつながりも両国間で深まっています。スポーツでは、カナダは今秋のラグビーワールドカップ、そして来年夏の東京オリンピック・パラリンピックへの参加に、大きな期待を寄せています。さらに2019年NBA優勝を果たしたトロント・ラプターズが、10月にさいたまスーパーアリーナでプレシーズンゲーム2試合を戦います。バスケットボールファンの皆様、どうぞお楽しみに!また、カナダの象徴とも言えるシルク・ドゥ・ソレイユをはじめ、クラシックやジャズのアーティスト、今秋来日するショーン・メンデスやカーリー・レイ・ジェプセンといったポップスターなど、カナダの多彩な文化芸術も多くの日本のファンを魅了し続けています。

二国間貿易も、画期的な新貿易協定「環太平洋パートナーシップに関する包括的及び先進的な協定」に牽引されて、この一年で新たな高みに到達しました。安倍首相の強力なリーダーシップを反映したこの協定は、すでに両国のビジネスや消費者に多大な恩恵をもたらしています。また、カナダの高度な技能を有する労働力、世界水準の技術力やダイナミックなイノベーション・エコシステムは、成長著しいAI分野をはじめ、日本からの重要な新規投資を呼び寄せています。

日加間のエネルギー資源協力も大きく前進し、5月にはカナダからLPGの第一便が日本に到着しました。現在ブリティッシュ・コロンビア州では大規模なLNG輸出施設の建設が進められており、早ければ2024年には日本へ向けて大量のLNG出荷が開始されます。これらの事業において日本企業は大切なパートナーであり、カナダが今後長期にわたって日本へ安定的かつ競争力の高いエネルギー資源を供給する上で極めて大きな役割を果たしています。

また、先日のカナダ国防大臣訪日でも示されたように、カナダは北東アジア地域の安全保障への貢献を拡大しています。昨年、カナダ統合軍は二度にわたって、日本をはじめ関係国と共に国連制裁回避を図る北朝鮮の「瀬取り」警戒監視活動を行い、今年4月には2年間配備を継続すると発表しました。

このように、カナダと日本は90年にわたる外交の歴史の中で、成熟し洗練され相互に恩恵をもたらす包括的な関係を築き上げてきたと言えるでしょう。

私は駐日カナダ大使として、この素晴らしい日本でカナダの代表を務めることを光栄に思っています。そして、記念すべき本年が充実した年となることを願っています。

ハッピー・カナダデー!

駐日カナダ大使
イアン・バーニー

Footer

更新日:
2019-06-26