カナダ政府
カナダ政府の象徴

Government of Canada

japan.gc.ca

Breadcrumb

  1. トップページ

経歴

メアリー・J・メイ・サイモン

 Mary J. May Simon

北極圏および先住民問題への取組み、イヌイットの権利と文化を守るための活動により国内外で高い評価を得る。

ケベック州ヌナビクのカンギクスジュアクで生まれ、1970年代にCBCノーザンサービス(現CBCノース)のラジオキャスターとして活動。その後、北ケベックイヌイット協会、イヌイット・タピリイト・カナタミ(注1)で幹部職を歴任し、カナダ国内の土地請求権問題の合意に向けた交渉で中心的な役割を担う。マキビク・コーポレーション理事長として、ジェームズベイ ー 北ケベック協定の履行および同協定に基づくイヌイットの権利の保護と推進に直接関わる。

1982年のカナダ憲法改正に際しては、他の先住民リーダーたちと共に積極的に交渉に参加。改正憲法において、先住民の権利と条約上の権利が正式に規定された。

その後、イヌイット周極会議(現イヌイット周極評議会)執行委員会に加わり、2期にわたり議長を務める。ヌナブト・インプリメンテーション・コミッションのコミッショナー、王立先住民委員会の共同政策ディレクターとしても活動。

1994年-2003年、周極問題担当大使を務め、イヌクとして初の大使となる。在任中、北方評議会創設に携わる。1999年-2001年には駐デンマークカナダ大使を兼任。

2006年から2期にわたり、イヌイット・タピリイト・カナタミ理事長を務める。2008年、先住民寄宿学校についての公式謝罪に対し、連邦議会下院でイヌイットを代表して返答。北極圏子ども・若者基金を創設し、2014年まで全国イヌイット教育委員長を務める。

2017年、大臣特別代表として先住民・北方問題担当大臣に報告書 " A new Shared Arctic Leadership Model" を提出し、北極圏とその住民を支援する重要な政策や施策の礎を築く。

カナダ勲章、ケベック国家勲章をはじめ、カナダ総督北方勲章、グリーンランドゴールド勲章、全国先住民業績賞、カナダ地理学会ゴールドメダル、シモンズ勲章など多くの褒章を受章。

(注1)イヌイット・タピリイト・カナタミとはカナダの約65,000人のイヌイットを代表する組織。カナダのイヌイットの権利と利益の保護・促進のために、アドバイスや、知見、戦略、アクションプラン、政策ツール、学習リソースを提供する。カナダ国内のイヌイットの土地請求権、文化・言語遺産の保存、教育、保健、環境、気候変動、経済発展に携わる。

Footer

更新日:
2021-08-05