カナダ政府
カナダ政府の象徴

Government of Canada

japan.gc.ca

Breadcrumb

  1. トップページ
  2. >
  3. ニュース・イベント
  4. >
  5. メディア

アーカイブ資料

この情報は、期限が過ぎたため現在は無効となっています。参考資料としてのみご利用ください。

2010年冬季オリンピックとパラリンピック

2003年7月2日

カナダが2010年冬季オリンピック/パラリンピック開催地に決定

首相のステートメント

カナダのジャン・クレティエン首相は、国際オリンピック委員会(IOC)により2010年冬季オリンピック/パラリンピック開催地としてバンクーバーとウィスラーが選ばれたのに際し、以下の声明を発表しました。首相はカナダ公式代表団の一員としてチェコ共和国のプラハに滞在し、IOCに対してのカナダの最後のプレゼンテーションを援助しました。クレティエン首相は今回の決定に関し次のように述べています。

「2010年冬季オリンピックの候補地として素晴らしい誘致運動に終始、正々堂々とまた真剣に取り組んだオーストリアのザルツブルグ、韓国の平昌の代表団の奮闘を称えたいと思います。

5年にわたる何百人ものカナダ人専門家やボランティアの献身的な努力により、カナダの誘致運動チームは目指す賞、すなわち世界で非常に重要なスポーツイベントを主催する権利を手に入れました。これはすべてのカナダ人にとって、快挙であり、また名誉なことでもあります。

冬季オリンピック主催は、長年にわたり大きな経済的、社会的恩恵をもたらします。

同様に重要なのは、スポーツを通して若人を教育し、オリンピック憲章とその憲章が謳っている、より良い、またより平和な世界の創造を推進する機会を提供してくれることです。

バンクーバーとウィスラーの誘致運動は、三つのレベルの政府、先住民族、オリンピック/パラリンピック委員会、民間部門が一致団結して働くときに、いかに大きな目標を達成できるかを示す模範となりました。これはあらゆる点でチームワークの成果であり、私はその一端を担えたことを嬉しく思います。

2010年2月には、世界一流の選手達がバンクーバーとウィスラーに集まり、カナダ独自の特色を打ち出した、世界的なスポーツと文化の祭典に参加することになるでしょう。すでに、誘致運動はすべてのカナダ人を結集させる力となりました。そのような誇り高い気持ちは、本日IOCへ提示した明確なビジョンを実現するために今後力を合わせて進むにつれて、ますます強くなることでしょう。

カナダ人は2010年に世界の人々を歓迎するのを楽しみにしています。」

Footer

更新日:
2012-04-19